アートボード 1.png

子どもと家族のあつまり
​「わぁ~お」

​「わぁ~お」ってどんなところ?

 

 2歳から12歳までの発達が気になるお子様とご家族様が、発達の専門家である言語聴覚士と一緒に、言語個別療育を通して、お子様とご家族様が「歩んで来た過去」「今、感じている現在」「こんな風になりたい未来」を共有し、挑戦し、実現させていく場所です。医師の診断や、医療機関からの紹介状は不要です。

まずはお気軽にご相談ください。

22049600.jpg
 

​「わぁ~お」ができることって?

​1

「やり取りのしかた」「からだの動かしかた」「物の動かしかた」などから、お子様の発達的な特徴をお伝えすることができます。

3

舌の動かしかたなど、「お口に関する困りごと」を評価し、必要なサポートを提案し、実践していくことができます。

5

児童発達支援事業所、こども園、小学校などのお子様に関する関係機関へ「スーパーバイザーとしてサポート」していくことができます。

​2

お子様が、ご家族様やお友だちとやり取りしながら、「ワクワクするための手掛かり」を具体的にお伝えすることができます。

4

お子様の人生の中で、「人格形成の土台となる2歳から12歳までの発達」を、ご家族様と一緒に専属の言語聴覚士がサポートしていくことができます。

​「わぁ~お」からのご挨拶

4732823_m.jpg

「わぁ~お」へようこそ。代表の岸野吉晃です。私は、福祉業界で20年間学んできた経験をもとに、「わぁ~お」で言語聴覚士として2歳から12歳までのお子様の発達やご家族様に関するサポートを行っております。

福祉業界の中で、「生きづらさ」に関するサポートの在り方を小児、障がい者、高齢者の分野で検討し、実践してきて、人生の最初期である幼児期から児童期の「生きづらさ」に関するサポートが生涯を通してより良い生活を営むために最も重要な視点であるという考えに至り、「わぁ~お」を設立いたしました。

日々、お子様やご家族様との関わりの中で、「ことばの数が少ない」「意思疎通が取りにくい」「発音が不明瞭」「平仮名が書けない」「計算が苦手」「視線が合わない」「衝動的な行動が多い」「注意が散漫」など様々な困りごとをお聞きしています。「わぁ~お」では、多様な困りごとに対して、主として6つのアプローチで紐解き、必要なサポートを実践しています。また、ひとの身体に関する知識は、時代とともに更新されていくため、今できることだけに捉われず、新しい知見を取り入れ、お子様やご家族様とともにより良いサポートを導き出していきます。「わぁ~お」は、お子様やご家族様が望む、いつでも受けられるより良いサポートを目指して歩み続けます。よろしくお願致します。

子どもと家族のあつまり

「わぁ~お」

〒565-0848​ 大阪府吹田市千里山高塚32-1 オーク千里山100号

​TEL:070-4574-1001(代表:岸野)

​MAIL:yosiakist100@gmail.com